Slide
2023年度 委員会紹介
2023年度 委員会紹介

 

理念共感推進委員会

 

委員長 坂野 良太
副委員長 今後 武
金丸 隼平
運営幹事 森 さくら
会計幹事 長谷川 晧一
職務分掌
  • 2月例会の企画、設営及び実施に関する業務
  • 理念共感に関するすべての業務
  • アカデミー事業の構築、企画、設営及び実施に関する業務

 

設置背景

JCの理念は普遍的で時代を超越するものであり、活動の道標となる北極星となっています。しかしその一方で、理念はかかげるだけでなく、メンバーに教育するための仕組みができていなければ組織に浸透しているとはいえません。
JCI神戸には、理念の真意を再認識し理解を深め、共感できる学習及び実践の機会が求められています。

 

設置目的

■JCの理念の重要性や、JCの理念の真意を再確認できる機会を提供します。メンバー一人ひとりが、理念に沿った運動を展開することができる組織風土づくりを目的とします。
■新入会メンバーを主な対象とし、アカデミー事業を構築します。理念への理解を深める機会として、理念共感を次代に引き継いでいくことのできる人財を育成することを目的とします。

 

KGI

1-1 全メンバーに理念の浸透を図り、理念に沿った運動が展開できる組織の基盤をつくります。
2-1 アカデミー事業を構築し、理念共感の教育システムとして次世代に引き継ぐ人財を育成します。

 

KPI

1-1 例会後のアンケートにおいて、参加者の90%以上がJC理念の浸透に関する回答に「すごく深まった」「深まった」を選択し、プライベート・社業に活かしてもらう。
1-2 メンバーの理念共感度を確認する事前アンケートを実施し、解答率100%を達成します。
1-3 JCI神戸のメンバーから理念共感プロモーターを20人輩出します。
2-1 アカデミー事業を3回実施し、各回終了毎に理解度を確認します。
2-2 アカデミー事業を受講した新入会メンバーの事後アンケートで、理念理解度100%を達成します。
2-3 実施したアカデミー事業をJCI神戸のオフィシャルYoutubeにアーカイブとして3回分残します。

 

政策手法

  • メンバーがJCの理念に共感することのできる機会を設けるため、理念共感に精通した講師を招待し、2月例会を実施します。2月例会では、JCI神戸のメンバーが理念に対してどの程度共感できているかの現状を分析し、組織にとっての理念の必要性を再確認した後に、講師による講話をおこない、JCの理想に対するビジョンを共有することで、JCの理念に共感する機会とします。
  • JCI神戸に理念を浸透させる仕組みをつくるため、理念への理解が十分でない新入会メンバーを主な対象としてアカデミー事業をおこないます。JCの理念に対する理解を深めることで組織の方向性を示し、理念に忠実な行動ができる習慣づくりを手助けし、修練、奉仕、友情の精神を通して時代に求められる青年経済人へと成長する人財を育成する礎とします。

 

委員会運営

理念共感推進委員会は、全員で『共感』を大切にします。まず、メンバー一人ひとりが対話をする環境を作り、双方の考えや目標に共感できるポイントを共有し、メンバー全員で協力しながら活動をおこないます。
共感することで、双方が目標を達成するまで力を合わせ信頼関係が構築され、仲間との絆が生まれていき有意義な活動ができます。また、メンバー全員で主体性をもつことで自らの存在意義を見出し信頼関係ができたメンバーとさまざまな困難に立ち向かうことができます。
誰もが共感を大切にできる委員会運営を目指していきます。

 

MEMBER

・上浦 広大 ・宇尾 真人 ・大瀬良 健一 ・兼平 洋紀 ・小西 見歩 ・白河 勇喜 ・平井 修司 ・藤野 竜太郎 ・山本哲士 ・吉田 涼

 

 

 

ABOUT JCI KOBE