国際交流委員会

委員長 吉田 隆幸
副委員長 春名 良則
副委員長 米谷 泰光
運営幹事 比嘉 大輔
会計幹事 新井 康作
設置背景 神戸のまちは開港以来、様々な文化と交流をはぐくみ大きく発展してきました。今後さらに加速するグローバル化に対して、私たちが率先して変化していくことが求められています。一人でも多くのLOMメンバーが国際交流の意義や必要性を理解し、神戸のまちの発展へとつなげるために、仲間との出会いの場を提供しなければなりません。
設置目的 ■すべての神戸JCメンバーに国際交流の機会を提供し、学びや気づきを得ることを目的とします。友好・姉妹JCとの交流や各種大会への参加を通じ、異なる文化に触れ、地域の課題や歴史を学び、新たな価値観を得る機会を提供します。
SDGs 【4・10・17】
KGI

1.各種国際大会の参加定員数を達成します。

2.姉妹JCとビジネス交流の機会を設けます。

3.例会を通じて、新たな国際ビジネスの手法を提案します。

4.友好JCとの交流を深化させます。

KPI

1-1.各種大会の背景や主旨を伝え参加促進をおこないます。

1-2.世界会議横浜大会の背景や主旨を伝え全メンバーを動員します。

2-1.姉妹JCとの意見交換会を2回実施します。

3-1.国内でもおこなえる国際ビジネスを提案します。

3-2.国際ビジネスを展開している企業を選定し、ヒアリングをおこないます。

4-1.神戸JCの交流の歴史を調査・研究し、交流についての新しい取り組みを構築します。

4-2.これまでの交流の歴史に基づいた年表を作成します。

委員会運営 国際交流委員会は、メンバー全員が交流した海外の仲間たちと言語や文化の壁を越え、心と心で通じ合えるおもてなしの気持ちを込めた設営をします。そのために、委員会メンバーが率先して国際交流の必要性を学び、何事にも明るく前向きに取り組み、一丸となって交流の場を盛り上げます。その一つ一つの交流事業を経験する中で、お互いを深く知り、尊敬し合い、1年間の委員会活動を通じて思いやりの心をもった青年経済人へと成長してもらいます。さらに、得意分野を伸ばすだけではなく、苦手分野にも積極的にチャレンジし、お互いが成長したと讃え合えるような委員会運営をおこない、この関わりが将来にわたり続けれるように友情をはぐくんでいきます。

その他メンバー

委 員

池口 尚児

委 員

岡田 崇

新入会員

加藤 敏

新入会員

河口 裕子

新入会員

川畑 友子

新入会員

鈴木 将

新入会員

砂原 雄一

委 員

塚本 晋也

新入会員

鮑 輝宗

委 員

弘田 勇史

委 員

山口 哲男