みなとまつり特別委員会

委員長 村主 靖典
副委員長 足立 教至
副委員長 岡田 紗代子
副委員長 ⻄海 雄一
副委員長 渡辺 宗章
運営幹事 内海 翔大
会計幹事 奥野 悟
設置背景 みなとまつりは20年以上続く地域に愛されるまつりとなりました。しかし、急速な環境変化によって、市⺠や企業が活動を発表する場が失われつつある現状を、JCI神戶が引き継いできた原点を忘れることなく、新たな手法で解決し、市⺠の交流を生むと共に、神戶の文化継承と発展に寄与する必要があります。
設置目的 ■リアルとバーチャルを融合した事業を実施し、神戶の文化継承とさらなる発展を目的とします。
カウンターパートと連携して年代に合わせたコンテンツを企画設営します。WEB上でも参加できる内容を構築し、より多くの方に参加いただくことで、市⺠の活躍を広く発信し、文化の発展の機会とします。
SDGs 【8・11・17】
KGI

1.当日のWEB視聴を10,000PV以上を達成します。
2.時代に合わせた新規の協賛内容を設けて、協賛金を2500万円獲得します。
3.子どもが参加できるブースを10件誘致します。

KPI

1−1WEBプロモーションとして、YouTube有料広告を活用し、再生数20000回を達成します。
1−2インスタグラムのリーチアカウント数10万以上、インタラクション1000以上を達成します。
2−1YouTube・SNS広告を活用した、広告型協賛アイテムなど新たな手法を3点導入します。
2−2当事業にご賛同いただけそうな企業、自治体、教育機関を200社以上選定しアプローチします。
3−1教育機関10校、企業10社を選定し、アプローチします。

委員会運営 みなとまつり特別委員会は3つの指針をもって活動をおこないます。みなとまつりという大きな舞台にメンバー一人ひとりが夢をもち、自由なアイデアを出し合います。自ら描いた夢をデザインし、様々なカウンターパートと共に挑戦します。新たにデザインしたみなとまつりの実現に向けて、メンバー全員で支え合い、一丸となって行動します。メンバー全員の「夢」に「挑戦」し「行動」することで新たな友情と多くの学びの機会を創出し、みなとまつり特別委員会に所属したメンバー全員が輝き、大きな成⻑の機会を与える委員会を作り上げます。

その他メンバー

委員

苔縄 忠

委員

田中 聡介

委員

春名 良則

委員

板東 達也

委員

平谷 繁

委員

工藤 勲明

委員

稲田 利彦

委員

谷岡 幸平

委員

白河 勇喜