みなとまつり特別委員会

委員長 河村 卓
副委員長 買手 正理
副委員長 谷村 裕之
副委員長 主森 尊之
副委員長 南 辰也
運営幹事 安田 得寿
会計幹事 水野 和樹
設置背景 みなとまつりは、海と港に感謝を捧げ、市民の交流の場として発展してきました。価値が多様化した現代社会においては、従来のみなとまつりの価値に加え、さらにまちの魅力を伝える事業として、子どもたちの成長や若者に魅力ある新たな価値を創造することが必要です。
設置目的 ■みなとまつりに参加した若者やJCメンバーが、神戸で意欲的に活躍することを目的とします。時間によってターゲットを振り分けた企画設営をすることで、魅力を感じてもらいます。JCメンバーには新たな職務を付与することで、神戸の将来に向けた価値創造の機会とします。
■各メンバーの1年間の活動と功績を称えあい、さらなる価値を生み出す意欲向上のため、12月例会を設営します。1年間の活動成果を噛みしめ、また、卒業メンバーの想いを引継ぎ次代へとつなげる機会とします。
SDGs 【8・11・17】
KGI

1.大学生と共同で、子どもたちの成長につながる企画を実施します。

2.当事業に価値を見出し、ご賛同いただける新規の協賛先を開拓します。

3.神戸JCの事業の発信の場とします。

4.12月例会では1年間の労いと卒業生の想いを引き継ぎ、神戸JCの未来へつなげるため全員登録します。

KPI

1-1子どもが参加できる設えを、10種類以上企画します。

1-2大学生を中心としてみなとまつりの企画を立案するチームを作ります。

2-1みなとまつりに協賛いただけそうな企業を100社選定し、DMを発送します。

2-2クラウドファンディングを利用し、100名以上の新たな賛同者を生み出します。

3.ブース出展や若者との共同事業など、単純作業ではない職務を各10委員会に割り振ります。

4.10月中にチラシを作成の上内容を発信し、例会委員会と連携の上11月中に全登録を促進します。

委員会運営 みなとまつり特別委員会は3つのテーマをもって活動します。「創造と挑戦」新たな価値をデザインするため失敗を恐れず全力で挑戦します。メンバー同士が正面から向き合い、助け合うことで壁を乗り越え、その先にあるゴールへ向かって全力で行動します。「持続可能なJAYCEE」社業や家庭を大切にし、周りの理解を得てJC活動がおこないやすい環境をつくります。「出会いと学びの機会」多くのメンバーと国内外を問わず各事業に参加することで、新たな友情と数多くの学びを得ます。全メンバーが一生涯の友となり、人生にとってかけがえのない最高の委員会を作り上げます。1年間全力で楽しみ、全力で駆け抜けましょう。

その他メンバー

新入会員

片上 拓紀

委 員

片山 直也

新入会員

坂本 茜

新入会員

正中 亮平

新入会員

関 彰人

委 員

谷岡 弘章

新入会員

寺井 啓祐

委 員

西浦 愛華

委 員

浜田 真理子

委 員

日野 哲志

委 員

平谷 繁

新入会員

渕田 泰明

委 員

三木 忠

新入会員

山下 幸輔

委 員

向坂 里美

委 員

和山 藍