Slide
2023年度 委員会紹介
2023年度 委員会紹介

 

中長期ビジョン確立委員会

 

委員長 河邊 祐太
副委員長 柿木 康宏
舘﨑 滋
運営幹事 平谷 繁
会計幹事 森 友里恵
職務分掌
  • 8月例会の企画、設営及び実施に関する業務
  • 5~10年後のJCI神戸のあり方について議論及び研究に関する業務
  • 複数年間の事業計画について議論及び計画策定に関する業務
  • 全国大会立候補に関するすべての業務

 

設置背景

JCI神戸は65周年の節目を迎えられるのは、幾多の試練を超えてきた先輩諸兄姉の功績を次の世代に引き継ぎ、「明るい豊かな社会の実現」をめざしてきたからです。
今後より一層、JCI神戸の組織力を最大化するには、価値観を認め、めざすべき姿を内外に発信することで、さらなる共感を生み出していく必要があります。

 

設置目的

■5~10年後の方向性を、周年記念式典で発信し、共感してもらうことを目的とします。
・JCI神戸が地域社会に必要とされる団体として、神戸のまちの発展のためにめざすべき姿を発信し、共感してもらいます。
■神戸のまちの活性化と、神戸の魅力を全国へ発信するために、2026年の全国大会に立候補することを目的とします。
・全国大会立候補へ向けた計画や活動を通じて、JCI神戸の一体感を作り上げ、神戸のまち発展の一翼を担います。

 

KGI

1-1 65周年記念式典の事後アンケートで、中長期ビジョンに共感したの回答を90%以上にします。
2-1 2026年の全国大会主管に立候補します。
3-1 8月例会事後アンケートで2026年の全国大会を神戸に立候補したいの回答を90%以上にします。

 

KPI

1-1 直近1,2年で策定された5つの地域の中長期ビジョンの分析し、JCI神戸の中長期ビジョンを策定します
1-2 周年式典までに他LOMの中長期ビジョン策定の事例を共有する勉強会を3回おこないます。
2-1 近畿地区協議会決議、兵庫ブロック協議会決議、シニア例会決議、LOM総会決議で可決いただきます。
2-2 全国大会主管立候補セミナーに委員会メンバー10名以上で参加します。
2-3 神戸の魅力発信PRの動画を作成し、全国に神戸の魅力を認知してもらいます。
3-1 8月例会の参加率を90%以上にします。

 

政策手法

  • JCI神戸が明るい豊かな社会の実現するビジョンを策定するために、神戸市のめざすべき姿を理解し、JCI日本やすでに中長期ビジョンを選定しているLOMに策定のアドバイスや勉強会を依頼します。
  • 全国大会は近隣LOMや県全体の魅力を発信するために、JCI神戸の現役メンバーだけでなく、今まで以上にJCI日本、近畿地区協議会、兵庫ブロック協議会、JCI神戸シニアクラブや神戸市との連携体制を構築し、ALL KOBE JAYCEESが一丸となる必要があります。また立候補時にPR動画をJCI日本に提出し、全国大会立候補へ向けた計画や活動を開催年度まで継続します。
  • 8月例会の知事懇談会ではJCI神戸の歴史を振り返り、全国大会の開催意義や神戸のまちの経済効果や魅力発信に繋がることを兵庫県知事やメンバーに理解してもらえる設えにします。

 

委員会運営

中長期ビジョン確立委員会では、「貢献」と「感謝」をテーマに委員会運営をおこなっていきます。作り上げたものが翌年以降にも引き継がれるため、メンバー全員でJCI神戸と神戸のまちに貢献し、歴史に爪痕を残します。
また委員会メンバーにも貢献し、困難な時は支え合い、乗り越えます。自分のことだけではなく、仲間のことも思いやり、たくさんの方に支えられている感謝とお互いへの貢献の精神を忘れず、JCI神戸になくてはならない人財に成長し、委員会メンバーとの絆を深め、一生の仲間を作る委員会運営をします。

 

MEMBER

・内海 翔大 ・尾倉 隆景 ・北村 博樹 ・末陰 禎之 ・塩谷 健太郎 ・中後 進一朗 ・永田 和正 ・中本 達郎 ・廣岡 大亮 ・米澤 愛

 

 

 

ABOUT JCI KOBE