交流室

交流室

中村 宜史

未曽有の危機である新型コロナウイルスの感染拡大は長期に及び、社会として行動制限を続けざるを得ない状況にあります。JCI神戸には国内外の姉妹・友好JC、そしてLOMにおけるメンバー同士の交流の機会が多くありますが、近年のコロナ禍においてはWE
Bを通じた交流が主となっています。JCに対する活動意欲や参画意識を一層向上させるためにも、工夫を凝らした交流の機会を創出し、JCI神戸の魅力を再認識する必要があります。
 交流委員会では、先輩諸氏が築き上げられた交流の機会を、時代に即した手法と掛け合わせてしっかりと確立し、次世代に向けて良好な関係を引き継いでいきます。国内外の姉妹・友好JCに加えて、LOMにおけるメンバー同士での交流というのは、JAYCEEとして成長できる大きな機会となります。地域や環境の違いからこそ生じるそれぞれの異なる視点や発想、組織運営や事業の違いを学び、様々な影響を受けてお互いに研鑽し合うことができる機会を、交流事業として構築します。例会委員会では、コロナ禍で学んだ運営を軸に、どのような状況下においても、例会の開催ができるよう斬新な発想や手法の構築に挑戦します。また、メンバーが能動的に参加し、様々な学びを得られるように、例会の開催趣旨や出席の意義を周知徹底し、風紀や伝統など、時代に即したものにアップデートすることで、礼儀礼節を重んじた例会運営をおこないます。
 交流室では、メンバーの成長に大きく影響する「偶発的な出会い」を巻き起こしていけるよう、交流室メンバーが自覚と責任をもちながら、率先して模範を示していくことで、全てのメンバーが青年経済人として大きく成長できる唯一無二の場を創出していきます。出会いによる個々の成長やつながりが一体となって組織の力を高め、JCI神戸の発展に好循環をもたらし、神戸のまちの未来に向けて、夢を描き挑戦し続ける組織を構築していくことをめざします。