魅力開発室
室方針

総務室

的場 健祐

新型コロナウイルスの感染拡大によって対面での活動が制限されることとなり、多くの企業ではリモートワークや時短勤務が推奨されました。社会が変化していく中で神戸青年会議所のメンバー一人ひとりがイノベーターとなるためには、JC運動を展開する基盤となる会議自体を発展的なものとし、理事長をはじめとする執行部を支えることによって、組織力を一層盤石にする必要があります。

本年度は、総会・理事会・例会の会議を一つの委員会において担うことにより、効率的かつ柔軟に会議を運営します。例会をはじめ各会議の運営は、対面とは異なる価値を見出すことを目指したウェブ形式で開催し、年度を締めくくる例会は、感染状況を踏まえながら卒業生への感謝を伝えられる設えとします。また、会員名簿等の資料は従来の仕組みやシステムを新たなものとし、時代に対応した組織に進化させます。対外的な活動においては、他LOM・関係諸団体の方との対面という貴重な機会を担当することを自覚し礼儀礼節をもって行動します。また、事前の細かな情報収集や事後の業務の記録化により、渉外業務をより体系的かつ効率的にします。家族例会では、どのような状況下でも家族を含めて楽しめる設営を開発します。また、LOM全体が出向から学びを得る意識を高め、出向先で得た知識や経験をLOMにフィードバックする環境を整えます。新型コロナウイルスに関しては、メンバーへコロナ対応の指針を示せるような仕組みを作り、迅速な決定ができるようにします。

総務室は、対内的にも対外的にも組織の中核を担うという誇りをもち、主体性をもった活動を展開することによって、コロナ禍の時代も活躍できる青年経済人となります。能動的な活動が他のメンバーに良い影響を及ぼし合い、お互いの成長につなげます。そして、個々の力が一体となって組織の力を高め、神戸JCが神戸のまちにイノベーションを与えられる存在となることを目指します。