総務室

総務室

米澤 愛

JCI神戸は、多様化する時代の変化に伴い青年経済人としての強みを活かし神戸の未 来のために寄与してきました。私たちがアフターコロナの神戸のまちに求められる運動を展開するには、時代に即した強靭な組織体制を構築し、柔軟な組織運営をする必要があります。
 総務委員会では、各種会議の意義と価値を最大限に発揮できるようにリアルとバーチャ ルを使い分けることで効率的且つ柔軟な会議運営をします。また、デジタル化の潮流に沿 った各種資料の管理や運用の向上を図ることでより効果的な活動の一助とします。担当例 会においては、業務効率化につながるITツールを学ぶことができる設えとします。
 次に財務規則委員会では、財務規則審査会の運営を通じて各議案が財務面及びコンプライアンス面で社会的に適正であるか厳格に審査します。今年度は、協賛企業における募集 活動の基盤づくりを新しい試みとしておこなうことで、JC運動をより一層充実させます。担当例会においては、金融リテラシーに関する学びの場を提供します。
 そして、渉外委員会では、執行部が円滑に活動できるよう先を見据えたアテンド業務をおこないます。また、各種大会では開催背景や趣旨、実施内容をしっかり伝えることでメンバーの参加意欲を高め、出向への理解を深めることができる機会を創出します。日々メンバーを支える家族や参加したメンバーが楽しめる家族例会を設えます。
 総務室は、目の前の業務に従事するだけなく、試行錯誤を繰り返しながらアップデートすることで次代へと引き継いでいけるような運営体制を構築していきます。そして、組織 の中核を担う重要な責務であることを自覚し、メンバーへの「目配り、気配り、心配り」を常に心がけて取り組むことで、メンバーのお手本となるJAYCEESになります。そして、如何なる状況下においても成長の機会と捉え、果敢に挑戦し、未来に向けて夢を描き続けられる青年経済人をめざします。