魅力開発室
室方針

組織開発室

吉田 隆幸

ニューノーマルの時代を迎え、人々は新しい価値観を見出しました。この変わり始めた社会の中で私たちがイノベーションを起こすためには、先輩諸氏から受け継がれてきた文化や理念を踏襲するとともに、メンバー一人ひとりが成長し社会に大きく影響を与える運動を展開しなければなりません。そして、地域社会と深く連携し、神戸青年会議所の存在意義をより多くの市民に届け、変革をもたらす姿や運動を発信する必要があります。

会員研修では、日々の活動を通してのみならず、座学からも知識を習得してもらうことで

青年経済人として自ら成長できる機会をつくります。本年度は直面している経済や社会の問題解決に対し、変革の糸口を見出せる研修プログラムを実施します。その中で異なる職種のメンバー同士が様々な観点から議論する場を設け、お互い高め合うことで得た知識やスキルを、JC活動はもとより社業にも活かしてもらえるようにします。そして、メンバーそれぞれが自己研鑽を積み、地域に変革をもたらす姿や運動を多くの人々に発信し続けることで組織のブランディングにつなげます。JC運動の本質やその理念を再確認し、地域や市民に運動への深い関心を持ってもらうために、従来のHPやSNSを充実させ目的に適した情報発信をします。また、より発信力を高めるために共に事業を構築する提携先や地域企業などのカウンターパートと連携し、多くの市民に認められ愛される組織へと導きます。

組織開発室は、メンバーの行動一つひとつが神戸JCを強固な組織にするという意識を持ち、まず私たちが率先して切磋琢磨し、社会を牽引する青年経済人として誇れる人財となります。そして、例会や各事業をはじめ、それらを構築するメンバーに深く関わり、イノベーターとして組織に変革をもたらす模範を示す行動をします。「自分が組織に変革を起こす」という責任感と気概を持って事業に取り組み、変化を恐れずに新しいことに挑戦し続けていきます。