組織開発室

組織開発室

河島 諒

JCI神戸は地域と共に多数の事業をおこない、社会問題を解決へと導いてきました。JCI神戸が組織としての基盤を強固にするには、メンバー個々の能力を高めて、より魅力ある青年経済人を創出することができる団体へとアップデートすることや、より地域に寄り添った情報を発信し、認知度を高めて市民に活動に対してご賛同いただくことが必要です。
 研修委員会は「夢のカタチ」をテーマに研修を構築します。カウンターパートと共に夢の叶え方に触れる研修をおこなうことで、実践したいという衝動と、その考え方に衝撃を感じる機会を提供します。それにより、メンバーの目的意識の醸成と魅力を引き出すことができ、JC活動はもちろん、社業にも活かせるようにします。また、JCI神戸と兵庫県が共にそれぞれのもつ魅力を地域に理解されるよう議論を深め、問題意識を共有して具体的な施策を提案します。
 組織ブランディング委員会は、JCI神戸と市民をつなぐ架け橋となり、今まで以上に地域の理解を得られるよう活動や想いを発信します。神戸市民の「目」ではなく「心」にリーチできるツール選定をすることで、それぞれの世代に寄り添った発信をします。また、デジタル誌面についても、カウンターパートと共に時代に沿ったものとし、より市民の目に触れる機会を見出します。そして、メンバーそれぞれが組織のブランディングについて考える例会を設営することで、JCI神戸のブランド力向上に一丸となって取り組みます。
 組織開発室は、それぞれがJCI神戸のブランディングの一翼を担っていることを自覚します。メンバーが成長することで組織が成長し、その成長が組織の「質」を高め、地域の人に寄り添った発信をおこなうことが、組織の「価値」を向上することにつながることを強く意識し、誠意をもって活動します。一人ひとりが洗練された魅力あふれる人材になるために、難しい局面においても、仲間を信じて共に挑戦します。