神戸青年会議所とは、活動を通して、メンバー各々の成長とともに、仲間とかけがえのない友情をはぐくむ場です。

一般社団法人 神戸青年会議所

神戸青年会議所とは

神戸青年会議所とは

神戸青年会議所は、“私たちのまち「神戸」”を「明るい豊かな社会」、「元気なまち」とするために様々な事業や提言を行っております。 例えば、神戸の発展の礎となった「港と海に感謝」するまつりである「Kobe Love Port・みなとまつり」や神戸の未来を担う青少年の育成事業。

また、過去には「シティループバス」や「神戸空港開港に向けての活動」など行ってまいりました。

通常の活動としては、毎月の例会、所属する委員会での会議などがあります。例会では、各委員会が企画設営するセミナーや講師を招いての勉強会のほか、春や12月には日ごろの感謝もこめて家族と参加し楽しいひと時をもつ例会も実施しています。

このほか、長崎JC、横浜JC、徳島JCと友好JCやホノルル日系人JCと姉妹JCとしての交流、全国大会や世界会議への参加など、国内外での交流の機会が数多くございます。

現在、神戸青年会議所には20歳~40歳までの現役メンバーが在籍しています。神戸市またはその近郊の様々な業種業態の青年経済人が所属しており、地域に密着して奉仕する団体として、神戸のまちの健全な発展のため、いかに神戸を魅力的なまちにしていくか、まちの青少年をどのように育てていくか、また神戸の未来を牽引するリーダ―として私たち会員自身の資質をどのように向上していくかなどの真剣な議論と行動を重ねています。

「修練」「奉仕」「友情」という三信条のもと、神戸のまちでこれらを実践する活動をおこなっているのが神戸青年会議所なのです。

  一般社団法人神戸青年会議所
  1958年4月3日
社団法人格取得 1969年2月1日
事務局所在地 〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-1
神戸商工会議所会館6階
TEL・FAX TEL:078-303-0075 / FAX:078-303-0175
正会員数 288(内休会14)※2019年末時
OB 1328人 ※2019年末時
理事・役員
理事長 川谷 朋寛
直前理事長 甲斐 健盛
特別顧問 髙島 章光
副理事長 中神 龍
副理事長 林 修平
副理事長 小西 毅
副理事長 松田 英治
専務理事 増田 憲太郎
政策顧問 野々村 充教
法制顧問 林 英伸
監事 徐 博史
監事 宮﨑 大輔
監事 八木 議大
外部監事 平山 晶勝
常務理事 吉田 健吾
常任理事 山口 晃弘
常任理事 堀内 雄樹
常任理事 青木 雄也
常任理事 宗宮 朋之
常任理事 青木 弘樹
常任理事 下西 隆一
理事 米澤 愛 会員拡大特別委員会
理事 下川 貴也 JCブランド戦略委員会
理事 河村 卓 みなとまつり特別委員会
理事 的場 健祐 青少年育成委員会
理事 新井 智裕 例会研修委員会
理事 森谷 圭 SDGs推進特別委員会
理事 苔縄 忠 国内交流委員会
理事 吉田 隆幸 国際交流委員会
理事 北村 幸輝 渉外委員会
理事 平栗 有紀 総務委員会
理事 田中 隆 財務規則委員会

神戸青年会議所
年間スケジュール

神戸青年会議所はSDGsに取り組んでいます

世界を変えるための17の目標
  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任使う責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう
  18. 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。我ら神戸青年会議所としても、持続可能な社会にしていくために、SDGsについて様々な取り組みを進めております。