Slide
2024年度 委員会紹介
2024年度 委員会紹介

 

会員拡大特別委員会

 

委員長田中 勇気
副委員長 佐長 すみれ
前薗 慎一
山口 亜理沙
吉田 涼
運営幹事 谷岡 弘章
会計幹事 山田 智史
職務分掌
  • 11月例会の企画、設営及び実施に関する業務
  • 会員を増やすことを目的としたすべての業務
  • 入会希望者募集ツールの作成に関する業務
  • 会員拡大推進会議の企画、設営及び実施に関する業務
  • 入会インフォメーションの企画、設営及び実施に関する業務
  • 未来のリーダー育成に関する業務
  • 本入会後の新入会員に対するフォローアップに関する業務

 

設置背景

神戸青年会議所は創始以来66年間にわたり、まちの未来を牽引するリーダーを数多く輩出し、地域の発展に寄与してきました。今後も神戸のまちにより良い変化をもたらす団体であり続けるためには、メンバーの個性を尊重し、多様性を受け入れ、未来を創造する次代を見据えた拡大活動をする必要があります。

 

設置目的

■ 新入会員を拡充し、会員数の増加を目的とします。
・JC活動をより活性化させるために必要な人財拡充をおこないます。・多種多様な価値観を有し、幅広い視点をもった柔軟な組織をつくります。
■ まちの未来を牽引するリーダーの育成を目的とします。
・リーダーに求められる要素を養う体験を通じて成長する機会を提供します。

 

委員会事業概要

1. 会員を増やすことを目的としたすべての業務

【組織的な会員拡大の推進】
1-1 ひとつの想い、ひとつの目標に向けた「ONEチームで拡大」を体現するために、拡大推進会議を12月(方針発表)、2月(意識統一)、3月(目的の完遂)と3回実施することで拡大の機運を高めます。
1-2 組織的な拡大を推進するために、委員会ごとに先導できる拡大幹事2名と会員拡大特別委員会からのサポートメンバー2名を配置することで、委員会とのONEチーム体制を強化します。また、1月には拡大幹事決起会議を実施し、拡大活動を増進させることで、全LOMメンバーにONEチームの輪を広げていきます。
1-3 多様な候補者を増やすために、SNSをリサーチし、JC活動に賛同してくれそうな方にアプローチすることで、紹介だけに頼らない拡大活動を実施します。
【募集ツールの運用】
1-4 紹介者数を増やすために、公式LINEアカウントの活用や名刺にQRコードを添付し、紹介活動を阻害する心理的ハードルを下げることでランディングページへの誘導を強化します。また、リスティング広告、SNS広告の運用をおこなうことでWEB申込件数の増加を図ります。
【本入会率向上】
1-5 本入会率を高めるために、仮入会インフォメーションの中で、JC活動に可能性を感じることができ、期待を高めることで、本入会への内発的動機付けをおこないます。
1-6 本入会率を高めるために、誰一人取り残さないよう1on1ミーティングを実施し、一人ひとりと質の高いコミュニケーションを図ることで将来のビジョン形成をサポートします。
1-7 本入会率を高めるために、1月~9月までの期間を「JCトライアル」としてリアルなJC体験ができる機会を提供します。会員拡大特別委員会で作成したトライアルプログラムに参加してもらうことで、入会後の成長をイメージしていただきます。

2. 新入会員のフォローアップを含む、未来のリーダー育成に関する業務

2-1 神戸JCが自身の成長に繋がる組織であることを理解してもらうために、各委員会の目的や活動内容を知る機会を提供することで、新入会員の活動意欲を高めます。
2-2 まちの未来を創造できる人財を育成するために、リーダー育成セミナーを実施することで、JAYCEEとしての成長を促します。
2-3 11月例会では、「JCトライアル」を体験した本入会メンバーが学びをアウトプットすることで、現役メンバーにとって新たな価値観に触れ、多様性を得る機会とします。

 

委員会運営

会員拡大特別委員会は、メンバー一人ひとりに、与えらえた成長の機会と体験に全力で取り組む楽しさを伝えていきます。JC活動は数えきれないほどの成長の機会があります。その機会を逃さず、積極的に飛び込んでいくことで、委員会メンバーが自身の成長を感じることができ、その成長をメンバー全員で共有することによって「ONEチーム」を体現します。そして、JC生活の中で2024年度が一番楽しかった、一番成長できたと言ってもらえるような委員会運営をすることで、生涯の宝となる、かけがえのない1年にしていきます。

 

MEMBER

青山 航太 ・牛村 将之 ・内海 翔大 ・狩山 拓哉 ・川西 健治郎 ・藤本 亘輝 ・福地 智美 ・古閑 奈津子 ・吉田 涼 ・加藤 佑介 ・宮野 健太 ・長副 亮 ・岡本 祥佑

 

 

 

ABOUT JCI KOBE

神戸青年会議所について
Slide